マイクロ保険の役立ち方を知る

  1. TOP
  2. マイクロ保険の役立ち方を知る
  3. 貧困層が最も必要としているマイクロ保険は?

貧困層が最も必要としているマイクロ保険は?

貧困層が最も必要としているマイクロ保険は何ですか?

貧困層の人々は、過酷な労働条件、伝染病に罹りやすい非衛生的な生活環境、多くの車が行き交う信号機のない道路など、先進国に住む私たちよりはるかに病気やけがのリスクが高い環境の下で暮らしています。

しかしながら、現在普及しているマイクロ保険の多くが、近年急速に発達した「マイクロ・クレジット(マイクロ・ローン)」と抱き合わせで販売されているもので、お金の貸し手であるマイクロクレジット会社が、ローンの借り手に対して返済前に死亡などした場合、ローン残高がマイクロクレジット会社に払われるようにするためのものであり、多くの場合、遺族に保険金の支払いはありません。

このように、貧困層自身の生活上のリスクに実利的にプラスとなるマイクロ保険の普及はまだまだ進んでいないのが実情です。
しかし、貧困層自身が困った時に貧困層自身に必要な保険金が支払われるマイクロ保険こそが、貧困層にとって最も必要なマイクロ保険なのです。