概要

  1. TOP
  2. GSNについて
  3. 概要

概要

発展途上国では先進国のような社会保障制度が充実していないため、自然災害や事故、経済情勢の変動、一家の大黒柱の病気や怪我、死亡など、家計を揺るがすような出来事が起こった場合、人々が受ける経済的ダメージを保障する制度が不足しています。
特に貧困層の人々には、こうした万が一の時に備えるための十分な貯蓄もなく、高利貸からの借り入れを余儀なくされて貧困のスパイラルに陥ってしまう人も少なくありません。

こうした途上国における貧困問題緩和の手段として、様々なタイプのマイクロ保険(死亡保障、家畜保険、財産保険、農業保険、医療保険など)への注目が国際的に高まっており、アジア及びアフリカを中心に急速に拡大して きています。
しかし、まだ途上国の多くの人々が保険という概念に馴染みがないことや、ひと月数ドルと先進国の我々にとってはわずかな保険料であっても貧困層の人々にとっては大金であることなどから、その普及は低水準に留まっているのが現状です。しかし、こうした経済的ゆとりがない人々こそが、もっとも保険を必要としている人たちなのです。

GSNは、マイクロ保険の普及を目的としてグローバル企業や先進国の市民の皆様から募った寄付金を元に、保険を必要としながらも自力では加入することができない人々に保険料を補助し、保険を贈る活動を行うNPO法人です。

グローバル経済が深化する中、先進国と途上国はその相互依存関係を増々強めています。途上国の貧困問題を緩和・解決し、社会を安定させることは、人道上必要であることはもちろん、グローバル経済において分ちがたく結びついている先進国の私たちにとっても望ましいことであり、その利益に資することです。

一人でも多くの発展途上国の貧困層の人たちに「転ばぬ先の杖」としてのマイクロ保険と安心を届け、その普及に貢献したい!
そうした熱い願いから設立されました。GSN の活動は日本のみならず、アメリカ・ニューヨークにも活動拠点を設け、世界中にその活動の輪を広げていきます。